「おっさんずラブ」続編に牧 凌太不在の理由とは?ネットでは牧ロス現象

「おっさんずラブ」続編に牧 凌太不在の理由とは?ネットでは牧ロス現象

9月27日、「おっさんずラブ」の続編として、11月2日より「おっさんずラブ-in the sky-」
が放送されることになり、キャストも発表されました。

その中に、前作のドラマと映画に田中圭さん演じる“はるたん”こと春田創一と結ばれた
牧 凌太を演じる遣都さんの名前がなく、ネットでは牧 凌太不在を悲しむ
牧ロス現象が起こっています💦

前作・劇場版と出演してきた、「おっさんずラブ」ファンにとっては欠かせない
キャストである林遣都がなぜ続編に出演しないのか、その理由を探ってみました☝

「おっさんずラブ」続編新キャスト発表も牧 凌太不在

「おっさんずラブ」続編は、航空業界を舞台にしたドラマ。

田中圭はCA、吉田鋼太郎はパイロットで、新キャストとして、俳優の千葉雄大と戸次重幸が登場。

新キャストになっても、おっさん同士の究極のラブストーリーは変わらず、
空を舞台に移しても”王道恋愛ドラマ”になるそうです🎵

が…….!

イケメンでドSな後輩である牧 凌太を演じる、林遣都の名前が無かったことから、
ネットがざわつき、Twitterでは「#牧 凌太」がトレンド入りしています。

引用:cinemacafe

前回のドラマの放送時に、「おっさんずラブ」はTwitterの世界のトレンドで1位を獲得
するなど社会現象を巻き起こしました✨

中でも多くの女性たちに影響を与えたのが、林遣都が演じる“ドS後輩男子・牧凌太”。

イケメンの後輩でありながら、春田の反応に悩み苦しむ姿が女性の心を掴み、
あっという間に人気キャラクターとなったのです😊

ドラマの中で牧(林遣都)が春田(田中圭)への好きな気持ちを押し殺して、
涙の決別をした1年後に春田(田中圭)と黒澤(吉田鋼太郎)が同棲していることが発覚
したことから、“牧ロス”“牧春ロス”に陥る人が続出し、
牧を演じた林遣都さんにも注目が集まりました。

実際に、ドラマの中で牧が着た服やマグカップ・カバンが売り切れになるほどの人気に。

当然続編にも「春田&牧」コンビが出ることが期待されていましたが、
まさかのキャストに名前なしで、賛否が別れています💦

田中圭さんもそうしたファンの気持ちを想定してか、続編決定時も
林遣都くんを続投させたかったようです…..

田中は当初、「(前作の)キャストがそろってないと意味がない」と続編政策に踏ん切りがつかなかったが、「鋼太郎さんに愛のあるお説教をくらい、『お前がおっさんずラブを背負え』と言ってくれた」と座長としての決意を固めた。

牧 凌太役の林遣都が出演しない理由

出典:東スポWeb

8月23日に公開された「劇場版おっさんずラブ」が大ヒット、
観客動員数100万人、興行収入13億5000万円を突破する勢いで、
今年中にドラマの続編を放送する予定だと言われていました。

映画の舞台挨拶では、田中圭さんも吉田鋼太郎さんもドラマの続編に意欲的
でしたが、林遣都くん周辺は難色を示していたとのことです。

「林の周辺が続編にあまりいい顔はしていないそうなんです」

「やっぱり役柄の印象が強くなりすぎることを懸念しているようなんです。林も俳優歴はそこそこありますが、田中や吉田と違って、これといった作品はない。むしろこの『おっさんずラブ』が代表作といっても過言ではないですからね。若い林にとって、ヒットはありがたいでしょうが、役者として柔軟性がなくなることを周囲が警戒するのも無理はありません。林の周辺は決して前のめりではないようです」

引用:東スポWeb 芸能プロ関係者コメント

ストーリーがそもそも男性同士の恋愛ということで、
ただでさえインパクトが強い林遣都くんの役柄。

そしてドラマや映画が社会現象を巻き起こすほどヒットになり、
牧凌太のキャラクターのイメージが付きやすい、という部分があったのかも知れません。

林遣都くんはデビュー10周年を迎えるそうですが、実は色々な映画やドラマの作品に
出演しており、今まで色々な役柄に挑戦してきました。

2016年は7本もの出演者映画が公開されたり、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」
にも初出演し、さらに大躍進の年に。

最近では、又吉直樹の芥川賞受賞作「火花」をドラマ化した、主人公の若手芸人役が
記憶に新しいです✨

引用:cinemacafe 映画「火花」より

昨年は、『チェリーボーイズ』『野球部員、演劇の舞台に立つ!』
『コーヒーが冷めないうちに』『ギャングース』と多数の映画に出演されました。

これだけたくさんの難しい役柄に挑戦されてきた林遣都くんですが、
牧凌太という役柄はなかなか演じるのが大変だったようです…

ご本人も公式ブックにて、

「牧は魂を削られる役。映画化が決定した時も、「またはじまるんだ….」とスムーズに切り替えられなかった。出し尽くして、やり切った。」

と述べているので、映画の出演でもう最後だと覚悟していたのかもしれませんね…😢

「おっさんずラブ」続編、早くも牧ロス広がる

今日の「おっさんずラブ」の続編のキャスト発表から瞬く間に
インスタやtwitterでは”牧ロス”の悲鳴が広がっています。

「どうやって切り替えたらいい?」
「気持ちが切り替えられない」
「朝から泣いてます」

と、突然の発表に動揺する声があふれています😱

でもこのキャスト発表から時間が経つにつれて、この事態を冷静に受け止める
ファンも出てきているようで、林遣都くんが魂を削りながら牧凌太を演じたことに
感謝する思いを発信している方もいますね😭

 

この投稿をInstagramで見る

 

おっさんずラブ in the skyが発表されましたね。 思うことは沢山ありますが、シーズン2発表で、民なのリアクションを見て1番思ったことは ・ ・ 『林遣都の功績は大きい』です。 ・ ・ 単発ドラマより話題になり、人気になったのは確実に林遣都演じる牧凌太の存在だと思います。 ・ ドラマで牧が着た服、マグカップ、カバンが売り切れるなんてなかなか無いんじゃないかな? ・ シーズン2の情報が解禁されて、朝からTwitterには#牧凌太 がトレンド入りしてますね。 ハッシュタグで民なのツイートを見ると、 「牧じゃなきゃやだ」「牧凌太いないなんて考えられない」 と牧凌太がいないことを悲しむ声ばかり。 共感すると共に、湖民として嬉しかったですね。 本人はSNS苦手だから、この声は届いてないかな? でも届いてほしいな。 あなたが魂を削りながら演じた牧凌太は、こんなに沢山の人に愛されて、こんなに沢山の人の心を掴んだんだよって。 ・ 私も林遣都がいないおっさんずラブに、まだショックを受けていますが、ご本人も公式ブックで 「牧は魂を削られる役。映画化が決定した時も、「またはじまるんだ….」とスムーズに切り替えられなかった。出し尽くして、やり切った。」 と言っていたので、ドラマで終わらず、2人のその先を林遣都演じる牧凌太で、映画として観れたことに感謝するべきだと思いました。 ・ おっさんずラブがここまで愛されたのも、シーズン2ができるのも、社会現象を巻き起こしたのも 全て林遣都1人の力ではありませんが、林遣都の存在はかなり大きかったのは間違いないでしょう。 ・ 沢村一樹さんも、「林遣都の芝居に度肝を抜かれた」と言ってましたしね。 ・ 林遣都の功績は本当に大きかった。 牧凌太を生きてくれてありがとう。 林遣都が演じてくれたから、私はここまでOLにハマれました。 ・ #おっさんずラブ #おっさんずラブ続編 #おっさんずラブinthesky #牧凌太 #林遣都 #林遣都湖 #湖民 #田中圭 #吉田鋼太郎

Ellaさん(@ella_topaz)がシェアした投稿 –

続編は11月に始まりますが、春田創一と牧凌太の幸せは
いつまでも続きますように❤

そして、林遣都くんのさらなるご活躍を願っています‼